So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

USBリファレンスを手に入れた [タッチ・スイッチ]

(2014.01.06)
年明け早々に秋葉原へ出かけ、こんなものを買ってきました。
2014_0106_5.png@秋月通商

六角サポート、16V10μF電解コンデンサ、40pinL型ピンヘッダ、USB小型マイコンボード



2014_0106_4.png@千石電商
N452P(ハンダこて)とN452-T-3C(こて先)


動かないまま越年したタッチ・マウスの不具合対策のため、USB機能の付いたマイコンボード
これです)をUSBリファレンスにする計画です。

もう一つは”SMD部品のハンダづけには3Cのコテ先が良い”と聞いて、その効果を確かめるために新しいハンダこてと替えのコテ先(3C)を購入しました。試してみると3Cのコテ先は確かに使い易そうです。馴染めば効率の良い作業が出来るようになるかもしれません。

さてUSB小型マイコンボードですが、主要部品は既に取り付けられているので、ピン・ヘッダをハンダ付けするだけで動きます。先ずはMicrochip社のアプリケーション・ライブラリにある”USB Device CDC-Basic Demo”を使ってUSBシリアル機能を試すことにしました。
<手順>
(1)MPLABXのプロジェクト・ファイルを開く。
(2)プロジェクト名を右クリックして表示されるプルダウン・メニューのSet Configurationで”LPC_USB_Development_Kit_PIC18F14K50”を選択する。
(3)Project PropertiesウィンドウでDeviceをPIC18F14K50に設定し、コンパイラにC18を選択する。
2014_0106_3.pngこれが大事

ここまで準備してビルドすると問題無く完了しました。早速デバッガでRUNと思ったら何やらメッセージが・・・

A debug header is required to debug this device.

PIC18F14K50にデバッガを接続する時はdebug header(AC244023これです)が必要なことをすっかり忘れていました。
2014_0106_1.pngPIC18F14K50には(Required)と表示される

2014_0106_2.pngPIC18F25K50なら表示されない
デバッガが使えないのは残念ですが、プログラムの動作確認には支障ありません。プログラムをデバイスに書き込み、USBケーブルを抜き挿しするとCOM3ポートにUSBシリアル・デバイスが接続されました。(USBシリアル・ドライバーは以前インストールしたものがそのまま使えた)

Rs232C.exeを使って”12345”と送信すると”23456”と返ってきました。
成功です!(パチパチパチ~)
続いて”USB Device-HID-Mouse”を同じ手順で試してみました。プログラムを書き込み、起動すると今度はパソコン側でドライバーのインストール手順が走ります。しかし、特にドライバー・ソフトを用意する必要は無く、見守っている内にドライバーのインストールは完了しました。その後、USBケーブルを抜き挿しするとパソコンのマウス・ポインタがくるくる回り始めました。
成功です!(パチパチパチ~)

デモ・プログラム本来の動作を試すためには4個のLEDと2個のSWが必要ですが、取り合えずUSB接続を試すだけなら必要ありませんでした。また、PICkit3も接続したままで動きました。

これでUSBリファレンス・ハードウェアが手に入りました。

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村 ネットブログ コミュニティサイトへ
にほんブログ村 IT技術ブログ オープンソースへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0