So-net無料ブログ作成

Fusion PCB発注のまとめ [電子工作]

(2012.05.23)
ご参考までに親族SNS管理人がFusion PCBに基板発注した手順をまとめておきます。
------------------------------------------------------------------------
(2013.03.30)
以下に記した内容は、現在のFusion PCB発注手順とは少し異なっています。
併せて<こちら>もご覧いただければ幸いです。
------------------------------------------------------------------------

(1)Paypalアカウントを開設
クレジット決済も可能(アメリカ在住者だけ?)かもしれませんが、Fusion PCBがPaypalによる支払いを望んでいるようなので、Paypalアカウントを作ることにしました。以前は無かったPayPal<日本公式HP>なるもの(こちらです)が開設されていて、手続きに難しい所はありません。service-jp@paypal.comから”新規アカウントの利用開始”メールが届き、”アカウントの限度額解除”の手続きを促す案内(PayPalから\200請求し、あとで返金するとか何とか書いてある)に従ってやってみたのですが、クレジット請求明細が届かないので”限度額解除”の手続きは未了のままです。それでもFusion PCBとの取引には何の支障もありませんでした。

paypal_01.pngPayPal日本公式HPはVeriSign, Inc.認証を得ている

paypal_02.pngパーソナル アカウントを申請する

paypal_03.pngPayPalの登録は難しくない

(2)Fusion PCBで基板サイズを指定
 ”Fusion PCB”と呼んでいますが、WebのTopページはseeedstudio.com(こちら)です。左リストの下方にある”Services"をクリックすると”Fusion PCB Service”の名前が出てきます(他に二つService提供しているようですがあまり縁は無さそうです)。基板の写真をクリックしてようやくFusion PCBのページにたどり着きます。

SEEED_TOP.pngSEEEDSTUDIOのTOPページ

SEEED_Service.pngサービス・メニューが三つある

SEEED_PCB.png基板のオーダー・フォーム

オーダー・フォームに必要事項を記載して”ADD TO CART"をクリックします。親族SNS管理人は基板を2種類オーダーしたので、この作業を2回繰り返しました。

(3)ユーザ登録する
はじめてFusion PCBを利用する場合は、ここでユーザ登録することになります。

SEEED_Register.pngNEW CUSTOMERはここで登録

SEEED_accont2.png氏名、住所、etc.を記入する

例えば住所が××町1-2-3だったらStreet Addressに”1-2-3 PEKEPEKEMATI”と入力します。
親族SNS管理人はAddress Line2に区名を入れ、その下のP.O.Box.(私書箱のこと?)は空欄のままにしました。Country にJapanを選択し、State/Provinceのプルダウン・メニューは無視して、下の欄に県名を入力しました。Post/Zip Codeには日本の郵便番号をそのまま記入しました。Telephoneには(掛かって来ることはまず無いけれど)市外局番の先頭の0を(+81)に替えた番号を記入しました。
(Paypalに登録した)メール・アドレスと(Paypalとば別の)パスワードを入力して、最後にVerification Code(描かれた文字を入力するやつ)を入力したら、右下にある”SUBMIT”ボタンを押します。

(4)支払いと配達の方法を選択する
 支払いにPayPalを選択し、配達方法はEMS(国際スピード郵便)を選びました。
SEEED_SHIPPING.png配達方法を選択する

<ご注意>
先ほど見たら、EMSの料金が$15から$30(高い!)に変更されていました。何かの間違いではないかと思いますが、暫くの間、EMSは止めた方が良いかもしれません。

(5)confirmする
間違うと怖いのでここの手順は再確認致しませんでした。ご自身でお確かめ下さい。

(6)Fusion PCBとPayPalからメールが届く

2012.05.14 23時頃 Web上でFusion PCBに発注完了
2012.05.15 15時頃 paypal.comから”Hao Pan様へのお支払い”メールが届く
2012.05.15 相前後してFusion PCBから”Order Confirmation”メールが届く

こんな文面でした。

Thanks for shopping with us today!
The following are the details of your order.
------------------------------------------------------
Order Number: ***** <== この番号をファイル名に付けてgerberファイルを送る
Date Ordered: Monday 14 May, 2012
Detailed Invoice:

Products
------------------------------------------------------
1 x Fusion PCB Service (PCB08511P) = $24.90
Layer 2
PCB Thickness 1.6mm <== 間違えた!
PCB Dimension 10cm Max*10cm Max
PCB Color Green
Surface Finish Hasl
E-Test 50% E-test
PCB Qty. 10

1 x Fusion PCB Service (PCB08511P) = $9.90
Layer 2
PCB Thickness 1.2mm
PCB Dimension 5cm Max*5cm Max
PCB Color Green
Surface Finish Hasl
E-Test 50% E-test
PCB Qty. 10

------------------------------------------------------
Sub-Total: $34.80
EMS (Weight: 0.4KG): $15.03
Total: $49.83

以下省略

(7)Gerberファイルを送る
 ”Order Confirmation”メールに記されたOrder番号を基板のハンダ面シルクに追加して、ファイル一式を圧縮してまとめたもの二つ(D*****_5x5とD*****_10x10)添付してpcb@seeedstudio.com宛てに送りました。

表題は”PCB files for order *****"
文面は”Hi, This is my PCBs for order D*****”
他に”Could you change PCB Thickness from 1.6mm to 1.2mm.”と謙ってお願いしてみたが、聞き届けられたかどうか、現時点では不明です。あと念のため、Order Confirmationメールの内容を引用しておきました。

なおMBEが出力した、gerberファイルの拡張子を以下のように付け替えて送りました。
CMP ==> GTL(部品面パターン)
SOL ==> GBL(ハンダ面パターン)
PLC ==> GTO(部品面シルク)
PLS ==> GBO(ハンダ面シルク) ここに基板外形線とOrder No.を書いた
STC ==> GTS(部品面レジスト)
STS ==> GBS(ハンダ面レジスト)
DRD ==> TXT(Excellon ドリルデータ)
DRI ==> DRI(ドリルリスト)

(8)その後
その後、info@seeedstudio.comから”Order Update”メールが4回届きました。
2012.05.17 15:02 updated to the following status: In Processing.
2012.05.17 15:48 updated to the following status: In production.
2012.05.21 18:25 updated to the following status: Shipped.
2012.05.23 5:31 updated to the following status: Traceable.

只今、首を長くして基板の到着を待っているところです。

にほんブログ村 IT技術ブログへ
に

ほんブログ村 ネットブログ コミュニティサイトへ
にほんブログ村 IT技術ブログ オープンソースへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。