So-net無料ブログ作成
検索選択

Piperの斡旋販売メールが届いた [その他]

(2016.07.31)
Just My Shopから『電子組立工作オールインワンキットPiper v3(パイパー)』の優待販売メールが届きました。(これです↓)
https://www.justmyshop.com/camp/piperv3/?m=jms31a01

7インチ液晶モニタ以外に高価な部品は見当たりません。これを5万円近い値段で売るというのですから驚きです。
誰がPiperを製造しているのか、興味をもったのですが・・・

コンピュータ関連製品の代理店事業 を営む会社(株式会社リンクスインターナショナル)が出てくるだけで、実際にPiper(パイパー)を製造販売しているのが誰なのか?その実態はつかめませんでした。

購入後のサポートもあやふやな商品を斡旋するJust My Shopの販売姿勢には大きな疑問を持ちました。JUST SYSTEMSはここ5年増収増益を続けているようですが、ちょっと先行きが心配です。
余計なお世話?

nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

美味しいパンが焼けた [手料理]

(2016.06.28)
中種作りに4,5日掛け、週に1、2回のペースで天然酵母パンを焼いています。卵とバターをたっぷり使った、ブリオシュ風の山形パンです。
2016_0628_4.jpg使い込んだHB
2016_0628_2.jpg生地に触った跡が残ってしまった
最終発酵のときに位置を整えて、焼き上がりが歪になるのを防ぎます。しっかり発酵すれば跡は残らない筈なのですが・・・ちょっと発酵力が弱かったようです。

2016_0628_1.jpg柔らかく弾力のある仕上がり
キメが細かく、輝いているのは、よく出来た証です。

2016_0628_3.jpg今日のおやつ
トーストにミックス・ベリー ジャムとプレーン・ヨーグルトを添える(<==トーストに載せて一緒に食べる)のが、お気に入りです。

何十回も繰り返している筈ですが、今も時折(実は前回)失敗作(<==膨らみが足りない)が生まれます。発酵時間をコントロールできればリカバリーできるのですが、我が家のHBには7時間(天然酵母パン)コースしか無いので、発酵が足りないと判ってもそのまま焼き上げるしかありません。orz

中種の発酵力が不足するのか?
後から足しているイーストが弱いのか?
これが、発酵という生命の営みを扱うことの難しさなのでしょうか?

でも・・・

だから楽しいんです!
安定して出来るようになったら(多分)止めてしまう、そういう性分なんです。(^_^;)

nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Windows10がフリーズした(その4) [Windows10]

(2016.06.25)
Windows10がフリーズし続けている』と書いてきましたが、どうやら表現が不適切だったようです。

親族SNS管理人はMicrosoftとWindowsを信頼していないので、パソコンに不具合が起きると真っ先にWindowsのバグを疑うのですが、今回の不具合はWindowsが原因では無かったようです。(<==無罪放免した訳では無い)

”mdsched.exe”を実行すると起動時にDRAMチェックするプログラムが走ります。そのプログラムの実行中にフリーズしてしまったのです。orz
Windowsは未だ走っていないのですから、フリーズの原因はWindows以外の所にあるはずです。

そう言えば、リセットしてBIOSが起動しなかった(途中で停止した)ことがあったのを思い出しました。

電源の瞬停!?

早速パソコン・ショップへ出かけ、(やむを得ずほぼ定価で)購入したATX電源に交換してみると・・・
ビンゴ~

3週間近く悩まされ続けていたパソコンのフリーズから、ようやく解放されました。
やれやれ

交換前(KEIANの動物電源)
https://www.keian.co.jp/products/kt-s550-12a2-kt-s650-12a2/
交換後(KEIAN以外で最も安かった)
http://www.kuroutoshikou.com/product/power/atx/krpw-n500w_85_/

nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Windows10がフリーズした(その3) [Windows10]

(2016.06.23)
その後も、Windows10は(しばしば)フリーズし続けています。

最近のシーケンスは以下の通りです。
(1)Windows10がフリーズする。
(2)リセット・ボタンを押し、再起動した場合は(5)に行く。
(3)再起動しない場合は電源を切って再投入し、それで再起動した場合は(5)に行く。
(4)PCの修復画面に入ったときはWindowsを6/17の復元ポイントに戻す。
(5)暫くは使い続ける。
(6)そして(1)にもどる。

今日も使用中にブルースクリーンになり、

-------------------------------------------
『問題が発生したため、PCを再起動する必要があります。
エラー情報を収集しています。自動的に再起動します。

MEMOERY_M』
-------------------------------------------

と表示してそのまま固まり(10分間だけ待ってみた)、今は(2)->(5)です。
(気楽にリセットする自分が怖い)

これまでの不具合は”使用中にマウスやキーボードが動作しなくなり、時計も停止する”というものでしたが、突然のBSOD(Blue Screen of Death)は新しいパターン(昔のWindowsではよく見かけた)です。

Windows10が先祖帰りした?

気になったので、以下のコマンドでシステムファイルの破損をチェックしてみました。
PS C:\WINDOWS\system32> sfc /scannow

c:\Windows\Logs\CBS\CBS.logにはいくつも”error”が記されていましたが、修復出来なかったのはopencl.dllだけでした。

Webで調べてみると、”opencl.dllの修復に失敗する”という問題はあちこちで起きているようです。

こちらのサイト(↓)に示されていた修復方法を試して見ることにしました。
http://d.hatena.ne.jp/makky0126/20160215/1455539909

ここから(↓)Windows10のイメージ(isoファイル)を持ってきて、
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/techbench

マウントして(やりかたはここ)、

そして以下のコマンドで修復を試みたところ
PS C:\WINDOWS\system32> Dism /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth /Source:wim:F:\sources\install.wim:1 /limitaccess

-------------------------------------------
展開イメージのサービスと管理ツール
バージョン: 10.0.10586.0

イメージのバージョン: 10.0.10586.0

[==========================100.0%==========================]
復元操作は正常に完了しました。
操作は正常に完了しました。
-------------------------------------------
パチパチパチ~

これで、一連の騒動が収まってくれると良いのですが・・・
--------------------------------------------------------------------------------------
(2016.06.24)
収まりませんでした。
今日もフリーズして、修復しました。
orz

nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Windows Updateを止めてみた(<==やらない方が良い) [Windows10]

(2016.06.16)
Windows10のフリーズ”から1週間、何度も以下の手順を繰り返していました。

(1)暫くするとWindows10がフリーズする。
(2)リセット・ボタンを押す。(==>再起動せず)
(3)電源を切って、再投入する。(==>時間は掛かるが再起動する)
(4)Windowsを5/25の復元ポイントに戻す。
(5)暫くは問題無く使用できる。
(6)電源を切り、再起動する。
(7)(1)に戻る。

復元ポイントに戻してから再起動するまでは問題無く使用できるので、『Windows Updateで問題が起きているに違いない』と考え、以下の手順でWindows Updateを停止する(<==これが間違いだった)ことにしました。

Windows Updateサービスを停止する手順
(1)「スタート」-「プログラムとファイルの検索」
(2)「services.msc」と入力してEnter
(3) windows updateサービスをダブルクリック
(4)「スタートアップの種類」を「無効」
(5)「サービスの状態」を「停止」

期待通り、シャットダウン==>再起動でも問題は起きません。
グッジョブ!と思ったのですが・・・

暫くして、スタート・メニューが使えなくなっている(<==別のアカウントでは問題無い)ことに気づきました。ネットで見つけた対処法を試したのですが、どれも上手くいきません。
orz

何時になく時間を掛けて復元ポイントに戻りました。通常のアプリの動作は変化ないのですが『Windows Updateサービスを停止』して以来、Windows関連の機能が軒並み遅くなったようです。どうやら『Windows Updateサービスを停止する』というのは、良い思いつきでは無かったようです。

復元後、再起動に失敗したときはリセット、それでも駄目なときは電源断して再投入を繰り返し(少しずつWindows Updateが進んだ?)、ようやく普通に利用できる(<==フリーズしない)ようになりました。
やれやれ

nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Windows10がフリーズした [Windows10]

(2016.06.08)
マウスの動きがだんだんおかしくなり、とうとう全く動かなくなりました。マウスの故障と思ったのですが、外出から帰って画面がそのまま固まっていることに気づきました。(時計の時刻が更新されていない)

Windows10がフリーズしていたのです。やむなくリセットしたのですが、起動画面(白い点がくるくる回る状態)から先に進みません。orz

一旦電源を落としてから、再起動すると時間は掛かりましたがなんとか起動しました。
『ふ~っ』
Windowsの信頼性モニタを確認することにしました。
コントロール パネル
システムセキュリティ
>セキュリティとメンテナンス
>メンテナンス
>信頼性履歴の表示
2016_0608_1.png信頼性モニタの表示

2016_0608_2.png
どうやら夜中に行ったWindowsUpdateあたりで問題が生じたようです。

2016_0608_3.png自動更新は止めることにした

再起動したのですが、見慣れぬダイヤログが立ち上がりました。
”Another Instance is running
構成システムを初期化できませんでした”

プログラムの起動に失敗しているようです。

調べてみると・・・
2016_0608_4.pngWeb companionの起動に失敗していた

起動に失敗したプログラムはLavasoft社の”Web companion”でした。しかし、こんなプログラムをインストールした記憶は無く、何時入り込んだのか判りません。Webで調べると素性の良からぬソフトのようです。

アンインストールを試みたのですが、(案の定)アンインストールできません。(怒)
強制撤去を決意しました。

先ず”タスク マネージャ”でLavasoftと関係ありそうなプログラムの実行を停止しました。(ゴメンナサイ。何を消したか忘れてしまいました。<(._.)> LavasoftとかWeb companionとかが名前に付いていました)

その後、Program Files(x86)にあるLavasoftフォルダを削除しようとしたのですが、未だ何かプログラムが動いていて、フォルダを削除できません。

何が動いている?

Lavasoftフォルダ以下にある実行プログラムと一致するものを探し、”WCAssitantService”をタスク マネージャのサービスタブで見つけました。

停止して、サービスを無効にして、Lavasoftフォルダを削除・・・
出来ました。

これでLavasoftを根絶出来た筈(多分)です。
やれやれ
---------------------------------------------------------------
(2016.06.09)
今日もフリーズしたので、5/25の復元ポイントに戻しました。
これで直ってくれると良いんだけど・・・

nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Mavenを使ってみた [JAVAで開発]

(2016.06.02)
Servletコンテナを搭載したアプリケーションサーバのひとつであるjetty(これです)のサンプル・プロジェクトでMaven(これです)が使われていました。
名前は知っていました(<==「メイバン」もしくは「メイヴェン」と読むらしい)が初めて使うことになったので、Mavenの使い方を先に勉強することにしました。

色々な方がMavenについて説明されています。その中で最も判りやすく感じたのは(こちら)でした。ただし、Maven2で説明しているので、Maven3で試す場合に気を付けなければならない点が一つだけあります。

”2.3. プロジェクトの作成”に出てくる以下のコマンドです。
mvn archetype:create -DgroupId=com.example -DartifactId=sample

これを実行するとエラー終了して、説明通りの結果になりません。ここで暫く悩みましたが、あれこれググッて・・・

”create”を”generate”に替え、
mvn archetype:generate -DgroupId=com.example -DartifactId=sample

これで説明通りの結果を得ることが出来ました。
やれやれ

<試したコマンド>
mvn -v
mvn archetype:generate -DgroupId=com.example -DartifactId=sample
mvn compile
mvn test
mvn javadoc:javadoc
mvn site
mvn package
mvn install
mvn deploy
mvn clean
mvn eclipse:eclipse

Mavenのことはぼちぼち判ってきたので、またjettyのsampleプロジェクトに戻ります。
<==気の長い奴

nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Play Frameworkを諦めた [JAVAで開発]

(2016.05.31)
Play Frameworkやscalaやsbtやらをあれこれ調べています。

activator UIを試そうとしたのですが、どうやら途中でRaspiがハングアップしたようです。

再起動してメモリー消費を調べてみました。

リモートデスクトップで接続したときのメモリー消費は31%
pi@Raspi_3:~ $ free
total used free shared buffers cached
Mem: 947760 295220 652540 7704 19688 144612
-/+ buffers/cache: 130920 816840
Swap: 102396 0 102396

$ activator UI
2016_00531_1.pnglocalhost:8888の表示

この時点でメモリー消費は82%
pi@Raspi_3:~ $ free
total used free shared buffers cached
Mem: 947760 782332 165428 16540 14276 189584
-/+ buffers/cache: 578472 369288
Swap: 102396 36332 66064

かなり危ない。

さらにHello Scala!アプリを構築しようとすると・・・

構築途中のメモリー消費は98%超!
pi@Raspi_3:~ $ free
total used free shared buffers cached
Mem: 947760 932620 15140 20000 768 51296
-/+ buffers/cache: 880556 67204
Swap: 102396 60 102336

マウスの反応がだんだん鈍くなってきたのでブラウザを閉じました。orz
やっぱり、RaspiにPlay Frameworkは重すぎたようです。

代わりに、lighttcp+jettyを試すことにします。
(<==懲りないやつ)

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Play Frameworkを使ってみた [JAVAで開発]

(2016.05.30)
JAVAを使ったWEBアプリの開発環境について調べていて、”Play Frameworkこれです)”のことを知りました。”重厚長大なJavaのWebアプリ開発を軽量で生産性の高いものにする”ということで、大きな期待を抱きました。

Raspi-3に先ずはこれ(↓)をダウンロードし、
https://downloads.typesafe.com/typesafe-activator/1.3.10/typesafe-activator-1.3.10.zip

展開して出来たactivator-dist.1.3.10/binにPATHを通し、
<.bashrcに以下を追加>
export PATH=$PATH:~/activator-dist.1.3.10/bin

Play Frameworkを構築しました。
$ activator new my-first-app play-java

(ここで数10分間updateが続く)

完了後、Play Frameworkを走らせてみました。
$ cd my-first-app
$ activator run

また何やらdownloadし始めて・・・
ようやくサーバが起動しました。

2016_0529_1.png9000番ポートにアクセスする

2016_0530_1.pngAPIドキュメント

2016_0530_2.png開発にIDEが使えるらしい

起動に時間が掛かる(アクセスを受け付けてからコンパイルが始まる)のですが、起動後の画面切り替えはとてもスムーズです。

ただ、”HelloWorld!”レベルのテンプレートではないので、これをどのようにカスタマイズすれば良いのか?見当もつきません。orz

nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

GPSモジュール(代品)が届いた [電子工作]

(2016.05.26)
SEEED STUDIOからGPSモジュール(代品)が届きました。
2016_0526.png右が前回、左が今回届いたもの

早速、動かして・・・
と行きたい所ですが、そう簡単にはいきません。

多くの場合、中国系の通販サイトで購入した部品の技術資料は自力で入手するしかありません。SEEED STUDIOは少しましで、wikiページ(こちら)に技術資料が用意されています。
ただし説明書ではなく、回路図、パターン図、モジュール仕様書、テストプログラム・コード等々です。ここから必要な情報を探さなければなりません。

<判ったこと>
(1)GPSモジュールにはI2Cで接続する。
(2)I2Cアドレスは0x05。
(3)3.3v電源で動かす。+5Vを入力し、内部で3.3Vを作っている。

<判っていないこと>
(1)GPSデータを取得するために必要な起動シーケンス(制御コマンドetc.)は無いのか?
(2)I2Cでリードを掛ければデータが送られてくるのか?

テストプログラムを読み解いて行くしかありません。

nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。