So-net無料ブログ作成
検索選択

OrangePI PCを手に入れた(その4) [OrangePI]

(2016.12.01)
Tera Termからログインする場合は問題ありませんが、リモート・デスクトップからコンソール・ウィンドウを開くと日本語キーボードの問題(キートップに表示された記号が入力できない)を生じます。

ロケールを日本語環境に設定して、日本語キーボードの問題を解決します。

$ sudo sh -c 'echo ja_JP.UTF-8 UTF-8 >> /etc/locale.gen'
$ sudo locale-gen

$ sudo nano /etc/default/locale
==> LANG="ja_JP.UTF-8"
==> LC_ALL=

キーボードを日本語レイアウトに設定します。
sudo nano /etc/default/keyboard
==>XKBMODEL="jp106"
==>XKBLAYOUT="jp"

漢字フォントインストールします。
$ sudo apt-get install ttf-kochi-gothic xfonts-intl-japanese xfonts-intl-japanese-big xfonts-kaname

他にも利用可能なフォントは沢山あるようですが、親族SNS管理人は使い方を知りません。
<(_ _)>
$ sudo apt-cache search font japanese

ウィンドウ表示を日本語にします。
$ cd /etc/xrdp/
$ sudo wget http://w.vmeta.jp/temp/km-0411.ini
$ sudo ln -s km-0411.ini km-e0010411.ini
$ sudo ln -s km-0411.ini km-e0200411.ini
$ sudo ln -s km-0411.ini km-e0210411.ini

ついでに時刻表示をUTCからJSTに切り替えます。
$ sudo ln -sf /usr/share/zoneinfo/Japan /etc/localtime

これでストレスなくリモート・デスクトップを利用できるようになったかな?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0