So-net無料ブログ作成
検索選択

Windows Updateを止めてみた(<==やらない方が良い) [Windows10]

(2016.06.16)
Windows10のフリーズ”から1週間、何度も以下の手順を繰り返していました。

(1)暫くするとWindows10がフリーズする。
(2)リセット・ボタンを押す。(==>再起動せず)
(3)電源を切って、再投入する。(==>時間は掛かるが再起動する)
(4)Windowsを5/25の復元ポイントに戻す。
(5)暫くは問題無く使用できる。
(6)電源を切り、再起動する。
(7)(1)に戻る。

復元ポイントに戻してから再起動するまでは問題無く使用できるので、『Windows Updateで問題が起きているに違いない』と考え、以下の手順でWindows Updateを停止する(<==これが間違いだった)ことにしました。

Windows Updateサービスを停止する手順
(1)「スタート」-「プログラムとファイルの検索」
(2)「services.msc」と入力してEnter
(3) windows updateサービスをダブルクリック
(4)「スタートアップの種類」を「無効」
(5)「サービスの状態」を「停止」

期待通り、シャットダウン==>再起動でも問題は起きません。
グッジョブ!と思ったのですが・・・

暫くして、スタート・メニューが使えなくなっている(<==別のアカウントでは問題無い)ことに気づきました。ネットで見つけた対処法を試したのですが、どれも上手くいきません。
orz

何時になく時間を掛けて復元ポイントに戻りました。通常のアプリの動作は変化ないのですが『Windows Updateサービスを停止』して以来、Windows関連の機能が軒並み遅くなったようです。どうやら『Windows Updateサービスを停止する』というのは、良い思いつきでは無かったようです。

復元後、再起動に失敗したときはリセット、それでも駄目なときは電源断して再投入を繰り返し(少しずつWindows Updateが進んだ?)、ようやく普通に利用できる(<==フリーズしない)ようになりました。
やれやれ

nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。