So-net無料ブログ作成

Play Frameworkを使ってみた [JAVAで開発]

(2016.05.30)
JAVAを使ったWEBアプリの開発環境について調べていて、”Play Framework(これです)”のことを知りました。”重厚長大なJavaのWebアプリ開発を軽量で生産性の高いものにする”ということで、大きな期待を抱きました。

Raspi-3に先ずはこれ(↓)をダウンロードし、
https://downloads.typesafe.com/typesafe-activator/1.3.10/typesafe-activator-1.3.10.zip

展開して出来たactivator-dist.1.3.10/binにPATHを通し、
<.bashrcに以下を追加>
export PATH=$PATH:~/activator-dist.1.3.10/bin

Play Frameworkを構築しました。
$ activator new my-first-app play-java

(ここで数10分間updateが続く)

完了後、Play Frameworkを走らせてみました。
$ cd my-first-app
$ activator run

また何やらdownloadし始めて・・・
ようやくサーバが起動しました。

2016_0529_1.png9000番ポートにアクセスする

2016_0530_1.pngAPIドキュメント

2016_0530_2.png開発にIDEが使えるらしい

起動に時間が掛かる(アクセスを受け付けてからコンパイルが始まる)のですが、起動後の画面切り替えはとてもスムーズです。

ただ、”Hello、World!”レベルのテンプレートではないので、これをどのようにカスタマイズすれば良いのか?見当もつきません。orz

nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0