So-net無料ブログ作成

I2Cの通信ケーブル長を変えて実験してみた [タッチ・スイッチ]

(2014.02.06)
フット・マウスはUSBとI2C(スタンダード・モード)でRaspberry Piと接続する計画です。”装置間の通信には適さない”と言われるI2Cですが、フット・マウスに使えるかどうか試してみることにしました。

Raspberry Piとフット・マウスの間にブレッド・ボードを挟み、ケーブル長を50cm刻みに変えて10000回の通信を行い、通信エラーの発生件数をカウントしました。

ケーブル長 エラー件数
  50cm 1回
  100cm 2回
150cm 3回

ケーブル長に比例して、見事にエラー件数が増えています。たった1回テストしただけなので、”ケーブル長に比例してエラー件数が増える”と結論付けるのは早計ですが、『通信ケーブルを150cmまで伸ばしても、エラー・コレクションに配慮すれば十分使える』という感触が得られました。

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村 ネットブログ コミュニティサイトへ
にほんブログ村 IT技術ブログ オープンソースへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0