So-net無料ブログ作成
検索選択

Paypalアカウントの開設に関する補足 [電子工作]

(2012.05.24)
昨日、『クレジット請求明細が届かないので限度額解除の手続きは未了のまま』と書きましたが、その後クレジット請求明細が届き、”PayPalアカウントの限度額解除の手続き”が完了しました。

で、何が変わったのか?
(1)マイ・アカウントのステータスが”認証済み”になった
(2)支払い引き出しの限度額が解除された。
  (解除前の限度額が幾らだったのか判らない。解除後はクレジットの与信枠まで使える?)
(3)PayPal残高が200円になった。(クレジットに請求された金額が払い戻された)

Webサイトで説明している通りの結果になった訳ですが、Fusion PCBに少量の基板を発注するだけなら”PayPalアカウントの限度額解除の手続き”をしなくても良さそうです。なお、PayPal残高200円は次回の支払いに当てられるそうです。

多分次もFusion PCBだ.

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

nobcha

こんにちは。いつも参考にさせていただいております。
PAYPALは便利ですね。インドからキットを買ったときも使いました。
SEEEDSTUDIOはDSO QUADでも利用しました。
今度は一度集金にも使ってみたいと思っています。でもそんなチャンスがないですね。
by nobcha (2012-05-26 17:33) 

broadbeans

こんにちは、nobchaさん!
日本でもPayPalを使う機会が増えそうですね。 うむむ!『こんどは集金』ですか。なるほどビジネス・アカウントでなくても払い込みを受け取ることが出来るんですね。
”Fusion PCBで作った基板を売って、PayPalで受け取る・・・” そんな野望(単なる妄想?)がむくむくと湧き上がってきます。
by broadbeans (2012-05-30 19:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。