So-net無料ブログ作成
検索選択

LVPってそういうこと? [電子工作]

(2012.04.17)
昔々、PICが紫外線消去かワンタイムだったころ、LVPなんて無かった(と思う)。
(もしかして大嘘?)

その後、PIC16F887をちょろっと触って現在に至るのですが、マニュアルに書かれているLVPの説明(どのデバイスにも同じことが書いてある)が今ひとつ判りませんでした。

<親族SNS管理人が理解したこと>
(1)通常の書き込みはVppピンを使い、LVPはPGMピンを使う。
(2)通常書き込みはVppにDC13Vが掛かる。LVPはVdd(operating voltage range)で書き込む。
(3)LVPはCONFIGの設定で有効/無効を切り替える。
(4)デバイスはLVP_ONの設定で出荷される。
(5)LVP_OFFのデバイスには通常書き込みする(LVP書き込みできない)。

これまでCONFIG設定でLVP_OFFにして、Vppに13Vが掛かっても問題ないよう回路に配慮すれば、LVPは関係ないと思っていました。ところが、以前のエントリー(3.3VのLCDに合わせてPICのVddを3.3Vにしたら書き込みが上手く行かなくなった件)に頂いたコメントを拝見して、LVP_OFFでもLVPの規定が関係するらしいと気付きました。

”そもそもLVPって何だ?”という疑問を抱いて調べた結果、明快な回答をPIC16F87/88のマニュアルに見つけました。これです。

LVP.pngPIC16F87/88のマニュアル抜粋

『長年PICを扱ってきた方々なら、一度はPIC16F87/88に接しているから・・・』
そんな理由ではないと思いますが、何故この記述が他のデバイスでは削除されているのか謎です。
(注)
この記述を見つけたのは”Flash Memory Programming Specification”でした。”Data Sheet”の方にこのような記述はありません。

追記(2012.04.18)
このマニュアルの記述も曖昧ですが、”LVPはVddの全範囲で使えるが従来の書き込みはVddが4.5V以上の場合しか使えない”と解釈しました。(ご指摘を頂いたので記述を削除いたします。詳細はコメント欄をご参照下さい)今後は”Vddが4.5V以上の場合は通常書き込み”とし、””Vddを4.5V以下に設定する場合はLVPにする”つもりです。

追々記(2012.10.03)
親族SNS管理人は『通常書き込み(VppにVddより高い電圧が加わる)であれば、書き込み時のVddは関係ない(誤り)』と思い込んでいました。

正しくは『通常書き込みであれ、LVPであれ、BULK ERASEコマンドあるいはCHIP ERASEコマンドを使ってメモリ消去する場合は、Vddは4.5V-5.5Vでなければならない』です。

さらに『LVPビットを0から1に書き換える(消去する)場合はVppにVhh(通常書き込み)を掛けなければならない』と理解しました。

ただし、デバイスに適用される技術は日進月歩で、PIC16F87_88以外のデバイス全てにこの条件が適用されるとは限らないので注意が必要です。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

通りすがり

> ”LVPはVddの全範囲で使えるが従来の書き込みはVddが4.5V以上の場合しか使えない”
そういうことではありません。
2つのalgorithm(Vdd全域で使えるものと4.5V以上限定のもの)があり、
それとは別に2つのmethod(LVPと通常)がある。
そして2つのalgorithmと2つのmethodは組み合わせ自由。
ということです。
2つのalgorithmについては後のページに書いてありますが、ChipEraseを使うかどうかの差です。(FIGURE 3-2、3-3)
LVPか通常かに関係なく、ChipEraseを使うなら4.5V以上限定です。
by 通りすがり (2012-10-02 00:52) 

broadbeans

コメント頂き有難うございました。

ご指摘いただいた通りの記述がありました。
”Both algorithms can be used with the two available
programming entry methods.”

親族SNS管理人は『PICはVppを電源にして書き込む<==嘘』と
思っていたのが混乱の原因でした。

”LVPであれ、通常書き込みであれ、Bulk EraseコマンドとChip Eraseコマンドの実行にはVdd4.5V-5.5Vの条件が適用される”ということですね。
by broadbeans (2012-10-03 12:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。